インプラントや歯の問題|優良歯科医院ネット

必要な職人

矯正

歯科医師と歯科技工士の歴史について

歯科医師のもとで、指示を受けて入れ歯やさし歯などを歯科技工所で作っているのが、歯科技工士と言います。噛み合わせが悪かったり歯がなくなったりする事は、健康の上でもすごく影響してくるので、歯科医師や歯科技工士は私たちにとって生活する上で重要な存在になります。 そんな入れ歯などが誕生したのは、縄文時代と言われています。そして江戸時代中期には、歯の治療を行う『歯抜き』と呼ばれる職人や、入れ歯を作製する『入れ歯細工職』と呼ばれる職人がいました。そして、明治時代に外国から歯科医師と言われる人が日本に来て、日本にも歯科医師が誕生するようになりました。 そして現在では、最善の歯科医療を行うために、歯科医師と歯科技工士は良きパートナーとして、歯科医療を患者さんに提供しています。

歯科技工所の明るい未来

現在では、歯科技工所の経営をするにあたり、技工学校の廃校や縮小や歯科技工士の高齢化のための人手不足などの不安定な状態が続いています。このままでは、歯科技工所が減少して歯科技工士がいなくなってしまう可能性があります。そのためには、若い世代の人たちが歯科技工士になるための労働環境を整える必要があります。 これらの不安定な環境の背景には、アジアの各国から歯科技工の仕事や使用する材料が、安く輸入されるようになってきたという事実もあります。 この現実から明るい未来にするには、歯科技工士の技術力を高める事が重要になってきます。そうする事で、海外にも歯科技工所を設立して、歯科技工士の働ける場を広げていく事が可能になります。