インプラントや歯の問題|優良歯科医院ネット

時間の短縮化

ライト

義歯を作る際に注意したいこととは

歯科技工所というのは、入れ歯や義歯を製作するところです。 歯科技工士や歯科医師が製作するわけですが、製作期間は義歯1本でだいたい3〜4日くらいと言われています。 そのため義歯を入れる際などには、型をとってから実際に入れるまでに1週間くらいの猶予が必要になるわけです。 ですが今後は、もっとスピード化が進んでいくのではないでしょうか。 現在では3Dプリンターを使用して作れるようになってきていますので、それが一般化する日も近いような気がします。 3Dプリンターならば製作に1時間程度と言われていますので、歯科技工所でそれを取り入れれば大幅なスピードアップが可能です。 効率も上がりますし、完全な複製が作れますのでロスもなくなり定番化していく気がします。

義歯を作る際には、義歯の色を選ぶこととなります。 そのとき歯科医師から何種類かの色を提示されるのが一般的です。 この色というのは、実は提携している歯科技工所によって違いがある場合も多いのです。 ですのでもしも提示された色の中に気に入ったものが無い場合などには、違う歯科技工所と提携している医科に行くという選択枠もあることを知っておいたほうが良いでしょう。 歯というのは顔の印象にも影響を与えるものです。 なので妥協してしまうと、後になってから後悔する可能性もでてきます。 そうならないためにも、まずは他の色がないのかを確認して、無ければ他の歯科技工所をという選択枠も考慮すると良いのです。 歯に関しては妥協しないことが大切です。